唇のくすみ対策リップケア5つの法則

リップケア

年齢を重ねると、顔のくすみや唇のくすみが気になりますよね。

理想は、いくつになってもふっくらとしたピンクのくちびるですよね!

唇の色がくすんでいると、顔色も悪く見え暗く疲れた顔の印象に。

唇は、第一印象が決まる大事な要因です。

リップケアはお肌と同じくらいお手入れしてあげることが必要!

唇の色は体調のサインでもあります。

くすむ原因はいくつかあります。

まずは唇の老化について調べてみました。

唇のくすみ・シワを引き起こす6つの原因

唇も年をとると、老化するんです!

確かに、赤ちゃんや子供の唇はピンクでふっくらしてきれいです。

おばあちゃんになると唇の厚さがだんだん薄くなって、唇の色も茶色っぽい感じにくすむし、縦ジワも目立ってきます。

唇が老化する原因をみていきましょう!

1.乾燥

唇には角質層や皮脂腺がなく、外的刺激から守るバリア機能がありません。

乾燥にはめっぽう弱く、顔の中で一番最初に乾燥する場所と言っても過言ではありません。

乾燥すると、刺激を受けやすくなったり、くすみやシワの原因もなります。

2.紫外線

肌と同じく、唇も紫外線を浴びると日焼けします。

メラニンが作られ、黒ずみやシミもできます。

紫外線は、乾燥の原因にもなるので要注意。

紫外線のダメージを受けて、保湿成分やコラーゲンや、エラスチンなどの肌の弾力やハリも老化していきます。

紫外線ダメージを受けないためにも、唇にもUVケアが必要です。

3.摩擦

何か食べた後、ごしごし唇をナプキンでふき取る習慣のある人は、唇のくすみやシワができやすいので要注意です。

唇は皮膚が薄いため、少しの刺激でもダメージを受けやすい場所。

ごしごし拭くことは、極力避けてやさしく抑える程度にしましょう。

4.たばこ

喫煙は、唇のくすみに一番よくないと言われています。

というのも、たばこの中に含まれるニコチンが色素沈着を引き起こし、唇の色を悪くします。

たばこを吸うという行為自体も、唇への刺激で乾燥を引き起こします。

また、たばこを吸うことでカラダの血流が悪くなり、血液ドロドロ状態に!

そうなると、黒っぽい唇になってしまいます。

美容には欠かせないビタミンCを喫煙によって大量に消費されてしまいます。

くすみに効く美白効果がビタミンCにはあるため、喫煙は美容の面からもよくありません。

5.口紅やグロスの色素が残ったまま

メイクで口紅やリップグロスが欠かせないという方は、唇に口紅の色素が残っていて、それが色素沈着を引き起こしている場合もあります。

最近は、赤い口紅が流行っていますから、濃い色ほど色素沈着しやすくなります。

ポイントメイク専用のリムーバーでしっかり落としてあげることが必須です。

6.砂糖の摂りすぎ

甘いものにはたくさんの白砂糖が使われています。

糖分の摂りすぎは、体の中でタンパク質と結びついて「AGEs」という糖化を引き起こします。

これが体内に蓄積すると、コラーゲンを劣化させてしまします。

また黄色っぽいくすみも引き起こします。

甘いものはおいしくてなかなかやめられないという人も多いと思いますが(私もそのうちの一人です)、甘いものが肌や唇のくすみの原因になっていると聞くと、少し我慢しなくてはと気が引き締まりますね^^;

糖化は焦げのようなもの。

適度に砂糖と付き合っていきたいですね。

唇のくすみ改善・シワ取り5つの対策

唇のくすみ取りやシワ改善には、毎日のリップケアが大切です。

1.紫外線UVケアを!

唇は厳密に言うと、粘膜です。

他の肌に比べて、とても皮膚が薄くデリケートです。

紫外線のダメージをとても受けやすいのです。

紫外線を浴びると、くちびるにもメラニンがあるので、黒ずんだりシミができます。

紫外線ダメージにより乾燥状態となり、シワも目立ちやすくなります。

外に出る時は、紫外線のダメージから守ってくれるUVケア成分がはいったリップをつけておでかけしましょう。

2.しっかり保湿ケアを!

乾燥の季節は、唇の乾燥は気になりますよね。

それでなくても、唇はとても皮膚が薄いので、皮がめくれやすく乾燥しやすいのが特徴です。

縦ジワができやすく、唇の弾力やハリが失われやすいということを心に留めておきましょう!

しっかり保湿ケアしてあげると、乾燥を防ぐことができます。

口に触れるものなので、なるべく化学成分を使っていない無添加やオーガニックのリップバームがおすすめ。

医薬品のリップクリームは、使いすぎるとかえって唇の負担となるので、あまりおすすめできません。

ひどい唇荒れの時には医薬品のものを使うぐらいにとどめておきましょう。

はちみつやオリーブオイルを塗って、ラップでパックしてあげるのも効果的。

3.口紅を塗る前に必ず下地リップを塗る

口紅の色素は色が濃いほど強く、唇に残りやすくなります。

専用のリムーバーを使うのはマストですが、口紅をつけている日中の色素沈着を防ぐためにも、口紅やリップグロスを塗る前に必ず下地リップをつけるようにしましょう。

保湿ケアやUVケアもできると同時に、クレンジングの時に下地をつけているほうが落としやすくなります。

 

3.専用クレンジングでやさしくオフ

口紅やリップグロスを塗った日は、必ず専用のリムーバーで落とします。

その際に、ごしごしして落とそうとするのは、摩擦でくすみやシワの原因になるのでNGです。

色素を唇に残さないように、やさしくふき取っていきます。

その時は、トントンとやさしく唇全体にリムーバーを行き渡らせるように動かし、コットンでやさしくふき取ります。

4.ビタミンたっぷりの食事を意識する

唇のくすみやシワ改善のためには、体の内側からのケアも必要です。

健康な皮膚や粘膜を作るのに必要なのはビタミンA、老化に負けない抗酸化作用が強いビタミンEとビタミンC、ビタミンCはくすみを取るのにも必要です。

ビタミンA

  • かぼちゃ
  • レバー
  • ウナギ
  • にんじん
  • モロヘイヤ など

ビタミンE

  • 大豆
  • ナッツ類
  • カボチャ
  • アボカド
  • オリーブオイル など

ビタミンC

  • いちご
  • ブロッコリー
  • レモン
  • ピーマン
  • みかん など

良質なたんぱく質に加えて、たっぷり野菜も食べるというのが理想的です。

毎日バランスの良い食事を続けるのは難しい場合は、野菜ジュースや酵素飲料やサプリメントを取り入れるのもおすすめです。

リップメイクでくすみ・しわをケア

唇のくすみには、発色の良いキレイな色を使うのがおすすめ。

唇の発色アップによって、顔色も明るく見えます。

おすすめのリップアイテムをご紹介します。

くすんだ唇の発色をよくするアテニアリップルージュ

“ピュア発色センサー”がついたアテニアリップルージュ。

アテニアのリップアイテムで不動の人気を誇るリップルージュ。

くすみがちな大人の唇に美しい発色をプラス。

フィルム化コラーゲンでぷっくりとハリのある唇に!

縦ジワでボリュームダウンしがちな大人の唇にハリと弾力を与えるフィルム化コラーゲンが入っています。

保湿効果も高く、唇をやわらかくします。

上品でつややかな発色で美人度アップ!

水分をたっぷり抱える高抱水性オイルが入っているので、つけた瞬間からツヤツヤのリップへ。

とろけるようになめらかにのびます。

  • 無香料
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • アレルギーテスト済み

アテニアリップルージュは、唇のことも考えた優しい処方です。

入っている成分はこちらです↓

ピュア発色センサー、高抱水性オイル(唇につややかなうるおいを与える成分)、クリア発色パウダー、フィルム化コラーゲン・スーパーヒアルロン酸(唇にふっくらハリを与える成分)

高保湿でありながら、唇のくすみもケアできるので、大人の唇のリップメイクぴったりです。

大人の唇を上品に仕上げる3色のカラーから選べます。

  1. ザ・ピンク・・可愛いらしさのある明るく華やかなピンク
  2. クラシックピンク・・知的で洗練された印象の黄み系ピンク(パール感あり)
  3. ベビーピンク・・唇そのものが綺麗でやわらか・透明感のあるコーラルピンク

アテニアリップルージュの気になるお値段は?

お値段は、1本1620円

通販の場合は送料無料です。

初回限定で、アテニアの大人気クレンジングオイル、スキンクリアクレンズの10日分のミニボトルももらえます。

 

コメント